コンジローマのレーザー治療(電気メスやレーザーなどで治療を行う外科的治療法)

コンジローマはレーザーで治療できるの?

コンジローマの治療には、
一般的な塗り薬を使った治療法以外にも、
電気メスやレーザーなどで治療を行う
外科的治療法もあります。

 

外科的治療を行う場合には、
麻酔を使っての手術となりますが、
最近では多くのクリニックで
日帰り手術を行っているので、
入院する必要はありません。

 

入院が必要な場合でも、
多くの場合には翌日退院が
可能になっています。

 

 

その中でも人気があるのは、
レーザーを使った手術方法です。

 

炭酸ガスレーザーを使うことによって
皮膚の内側のウィルスを蒸散させてしまう
この手術方法は、コンジローマの
イボイボがある周辺にまず麻酔を行ってから
レーザー照射をしていきます。

 

麻酔は局部麻酔なので、
手術中には意識ははっきりしていますが、
痛みを感じることはないので心配しないでください。

 

 

レーザー手術を行うと、
短期間でスッキリ症状をなくすことができるという
メリットがあるとともに、傷跡も残らず
綺麗に治療できるというメリットがあります。

 

しかし、レーザー照射によってウィルスを取り残してしまうと、
そこから再びウィルスの働きで再発する可能性があります。

 

また、レーザー手術はすべての皮膚科で
行っている治療法というわけではないため、
専門の医療機器が完備されているクリニックでなければ
受けることができません。

 

そして、この治療法では健康保険は適用されないので、
かかる費用は全額が自己負担となります。

 

痛いのが嫌な人やコストがかかるのを避けたい場合には、
レーザーではなく従来の塗り薬で治療する方法がおすすめです。

 

 

 

それでは、コンジローマを治療する為に、
有効な薬などの紹介をしていますので
参考にご覧ください。

 

⇒ (尖圭)コンジローマ治療薬ランキング