女性(女性のコンジローマのことが具体的に分かる)

女性 記事一覧

コンジローマは女性にもかかる性病?

コンジローマは男性でも女性でも性別に関係なく、性行為によって感染する性病です。HPVというウィルスによって感染してしまい、男性でも女性でも肛門や性器の周りにブツブツがたくさん出来てしまうという症状が現れます。ブツブツの大きさは1ミリ〜3ミリ程度で、膿を持っているわけでも炎症を起こしているわけではない...

≫続きを読む

女性だから気を付けたいコンジローマの症状

コンジローマの症状は、男性でも女性でも、肛門や性器の周辺に1ミリ〜3ミリ程度のぶつぶつが複数できるという症状が起こります。放置していても自然治癒できる確率はゼロではありませんがとても低いですし、パートナーに感染させてしまうリスクが高いので、陰部に違和感を感じたら万が一のためにもできるだけ早く病院を受...

≫続きを読む

女性がコンジローマに感染した時に気をつけること

HPVウィルスによって感染するコンジローマは、男性・女性の性別に関係なく、誰でもウィルスに触れれば感染する恐れがあります。肛門や性器の周辺にできやすいため、性行為によって感染するケースが一般的ですが、性行為をしなくても直接コンジローマができている部位に触れたりすると、感染する可能性があります。男性で...

≫続きを読む

女性の尖圭コンジローマは自覚症状がある?

女性も男性も、尖圭コンジローマに感染すると性器や肛門の周辺にブツブツができます。放置するとそのブツブツは大きくなったり数が増えたりしますが、炎症を起こすわけではないため痛みを伴わないことも多いですし、痒くない場合も少なくありません。特に女性の場合には、こうした自覚症状がなければなかなか気づきにくいこ...

≫続きを読む

治療が必要な尖圭コンジローマかどうかを自分でチェックしてみよう【女性編】

ウィルス性の感染症である尖圭コンジローマは、ブツブツができるという症状がありますが、ぶつぶつができる場所によっては発見しにくいですし、かゆみや痛みがないことも多く、気づかないまま放置してしまうことも少なくありません。治療が必要な性病は放置しても自然治癒することは少ないので、普段から自分自身でセルフチ...

≫続きを読む

女性のコンジローマを画像でチェック

コンジローマは、3週間〜8か月という長い潜伏期間を経て発症するウィルス性の感染症です。人間にしか感染しないという特徴を持つHPVウィルスによって直接感染するため、一般的には性行為を通じて感染しますが、自然分娩の際にウィルス感染している膣内を赤ちゃんが通ることによって母子感染するケースもあります。女性...

≫続きを読む

イボができる女性の性病とは?

コンジローマは、3週間〜8か月という長い潜伏期間を経て発症するウィルス性の感染症です。人間にしか感染しないという特徴を持つHPVウィルスによって直接感染するため、一般的には性行為を通じて感染しますが、自然分娩の際にウィルス感染している膣内を赤ちゃんが通ることによって母子感染するケースもあります。痛い...

≫続きを読む