イボができる女性の性病とは?(女性の性病のイボ)

イボができる女性の性病とは?

コンジローマは、3週間〜8か月という
長い潜伏期間を経て発症するウィルス性の感染症です。

 

人間にしか感染しないという特徴を持つ
HPVウィルスによって直接感染するため、
一般的には性行為を通じて感染しますが、
自然分娩の際にウィルス感染している膣内を
赤ちゃんが通ることによって母子感染するケースもあります。

 

 

痛いわけでもかゆいわけでもないけれど気になるというイボ。

 

私たちの体はいたるところにイボができる可能性があります。

 

できる場所に限らず、皮膚にできるイボの原因は
HPVウィルスによるものですが、
HPVウィルスには100種類以上の型があり、
その中にはコンジローマのような性病を引き起こす型もあります。

 

 

もしイボが性器や肛門の周辺にできてしまったら、
それは性病の可能性があります。必ずしも性病というわけではありませんが、
イボは放置していても自然治癒することが少ないため、
不快感や違和感を感じている人はもちろん、
ほとんど自覚症状がない場合でも万が一のことを考えて
病院を受診するようにしましょう。

 

数が少ない場合には電気メスでサッと切除して治療できますが、
コンジローマのようにたくさんのぶつぶつが広い範囲にできてしまうような性病の場合には、
電気メスでの治療が難しくなるため、
塗り薬でブツブツの大きさを小さくしてから電気メスを使うなど、
治療方法が増えたり治療期間も長くなってしまいます。

 

 

イボができる女性の性病では、気を付けなければいけない点があります。

 

それが子宮頸がんなどのガンを引き起こすリスクが高くなるという点。

 

膣の中や小陰唇などの粘膜にブツブツができると、
自覚症状がない場合にはうっかり放置してしまうことも多く、
細胞がガン化したり、ガンを引き起こしやすくなります。

 

また、HPVウィルスを持っている人はHIVウィルスにも感染しやすいことが分かっていて、
そのリスクはHPVウィルスを持たない場合と比べると11倍も高くなってしまいます。

 

 

 

それでは、コンジローマを治療する為に、
有効な薬などの紹介をしていますので
参考にご覧ください。

 

⇒ (尖圭)コンジローマ治療薬ランキング

 

関連ページ

コンジローマは女性にもかかる性病?
性行為によって感染する性病のコンジローマは女性にもかかる性病?について説明
女性だから気を付けたいコンジローマの症状
女性だから気を付けたいコンジローマの症状について説明
女性がコンジローマに感染した時に気をつけること
女性がコンジローマに感染した時に気をつけることについて説明
女性の尖圭コンジローマは自覚症状がある?
女性の尖圭コンジローマは自覚症状があるか、について説明
治療が必要な尖圭コンジローマかどうかを自分でチェックしてみよう【女性編】
治療が必要な尖圭コンジローマかどうかを自分でチェック【女性編】の基準、について説明
女性のコンジローマを画像でチェック
女性のコンジローマを画像でチェックしてみる