コンジローマは女性にもかかる性病?(女性が性病のコンジローマ)

コンジローマは女性にもかかる性病?

コンジローマは男性でも女性でも性別に関係なく、
性行為によって感染する性病です。

 

HPVというウィルスによって感染してしまい、
男性でも女性でも肛門や性器の周りに
ブツブツがたくさん出来てしまうという症状が現れます。

 

ブツブツの大きさは1ミリ〜3ミリ程度で、
膿を持っているわけでも炎症を起こしているわけではないため、
痒いとか痛いなどの自覚症状が起きないことも多いもの。

 

ブツブツができる場所は皮膚の表面だけでなく、
膣の内側や会陰、尿道の内側など、
粘膜部分にも容赦なくできるのが特徴です。

 

 

コンジローマによるこうしたブツブツは、
かゆみとか痛みがほとんどないため、
性病だと自覚しにくいことも多いもの。

 

特に下着の中は排泄器官もあるので衛生的に
トラブルが起きやすい場所ですし、細菌に感染して
ブツブツができてしまうという事もあります。

 

しかし、細菌に感染した場合にはブツブツが
オデキのように赤く炎症を起こして痛くなったりすることが多いですし、
数日で自然に消滅するのが一般的です。

 

もしもデリケートゾーンに違和感を感じ、
様子を見ても治らないような場合には、
万が一のことも考えて婦人科を受診するようにしましょう。

 

 

コンジローマを放置すると、
子宮頸がんを引き起こす原因にもなってしまいます。

 

また、コンジローマは良性のものが多いのですが、
場合によっては悪性という事もあり、
その場合にはガンとして外科的治療が
必要になることもあるので注意が必要です。

 

 

 

それでは、コンジローマを治療する為に、
有効な薬などの紹介をしていますので
参考にご覧ください。

 

⇒ (尖圭)コンジローマ治療薬ランキング

 

関連ページ

女性だから気を付けたいコンジローマの症状
女性だから気を付けたいコンジローマの症状について説明
女性がコンジローマに感染した時に気をつけること
女性がコンジローマに感染した時に気をつけることについて説明
女性の尖圭コンジローマは自覚症状がある?
女性の尖圭コンジローマは自覚症状があるか、について説明
治療が必要な尖圭コンジローマかどうかを自分でチェックしてみよう【女性編】
治療が必要な尖圭コンジローマかどうかを自分でチェック【女性編】の基準、について説明
女性のコンジローマを画像でチェック
女性のコンジローマを画像でチェックしてみる
イボができる女性の性病とは?
イボができる女性の性病について説明