女性のコンジローマを画像でチェック(女性のコンジローマ画像)

女性のコンジローマを画像でチェック

コンジローマは、3週間〜8か月という
長い潜伏期間を経て発症するウィルス性の感染症です。

 

人間にしか感染しないという特徴を持つ
HPVウィルスによって直接感染するため、
一般的には性行為を通じて感染しますが、
自然分娩の際にウィルス感染している膣内を
赤ちゃんが通ることによって母子感染するケースもあります。

 

 

女性の場合には、コンジローマの症状である
ブツブツが肛門や小陰唇の周辺にできるだけでなく、
膣の中など粘膜部分にできることも多いという特徴があります。

 

粘膜部分にブツブツができると、
塗り薬では治療することができないので
電気メスを使った外科治療が選択されますが
、膣の中など目で症状を目で確認できないことも多いので、
違和感や異常を感じたら放置せずに速やかに
病院を受診することが必要です。

 

 

自分自身でコンジローマかどうかを判断したい場合には、
ネットなどで画像をチェックする方法も効果的です。

 

ブツブツの症状は大きさや色、形などが異なるため、
画像を観察する際にはできるだけたくさんの症例を
観察したほうが良いでしょう。

 

小さいものなら1ミリ〜3ミリ程度の大きさですが、
大きなものならエンドウ豆サイズまで成長することもあります。

 

また、先端がとがって鶏冠状に皮膚が盛り上がることもあれば、
マッシュルームやカリフラワーのように丘疹状になるケースもあるようです。

 

女性の場合には放置すると子宮頸がんの原因にもなりやすいので、
早期発見と早期治療が短期間で完治するための秘訣となります。

 

 

 

それでは、コンジローマを治療する為に、
有効な薬などの紹介をしていますので
参考にご覧ください。

 

⇒ (尖圭)コンジローマ治療薬ランキング

 

関連ページ

コンジローマは女性にもかかる性病?
性行為によって感染する性病のコンジローマは女性にもかかる性病?について説明
女性だから気を付けたいコンジローマの症状
女性だから気を付けたいコンジローマの症状について説明
女性がコンジローマに感染した時に気をつけること
女性がコンジローマに感染した時に気をつけることについて説明
女性の尖圭コンジローマは自覚症状がある?
女性の尖圭コンジローマは自覚症状があるか、について説明
治療が必要な尖圭コンジローマかどうかを自分でチェックしてみよう【女性編】
治療が必要な尖圭コンジローマかどうかを自分でチェック【女性編】の基準、について説明
イボができる女性の性病とは?
イボができる女性の性病について説明