女性のコンジローマ検査法(女性のコンジローマ検査)

コンジローマは性病の検査キットで診断できる?

尖圭コンジローマは、多くの場合には
医師が目で確認する視診によって診断できます。

 

これは、尖圭コンジローマの原因となる
HPVウィルスに感染すると、特有の形状をした
ブツブツができるから、自分自身でチェックすることもできますが、
病院に行くと医師が正しく診断してくれるので安心です。

 

性病の中には血液検査などで診断できるものもありますが、
尖圭コンジローマの場合には血液検査で見つけることは
かなり困難です。最も正確なのは視診と言われています。

 

 

女性の場合、どこにブツブツがどのぐらいできているかによって、
他の疾病に感染しているリスクが高くなるため、
性器や肛門の周辺に違和感を感じた場合には、
できるだけ早期に病院を受診するようにしましょう。

 

病院に行くことに抵抗がある人の中には
通販で治療薬だけを購入して自分で治そうとする人も多いのですが、
女性の場合には膣の中にブツブツができていると、
粘膜に作用しない塗り薬では治療できませんし、
妊娠や出産、他の性病発症などのリスクも高くなってしまうので、
病院での治療が必要となります。

 

 

例えば、膣の中に尖圭コンジローマのブツブツができ、
自覚症状などがないまま放置していると、
子宮頸がんを発症するリスクがあります。

 

また、エイズ発症の原因となるHIVウィルスに
感染する確率が11倍も高くなってしまうので、
できるだけ早期発見と早期治療が必要となります。

 

女性の場合にはブツブツなどの症状が出ていなくても、
膣内の粘膜からウィルス感染の有無をチェックできるので、
心配な場合には定期的に婦人科検診を受けたほうが良いでしょう。

 

 

 

それでは、コンジローマを治療する為に、
有効な薬などの紹介をしていますので
参考にご覧ください。

 

⇒ (尖圭)コンジローマ治療薬ランキング

 

関連ページ

コンジローマは性病の検査キットで診断できる?
陰部の調子が悪かったり、気になる症状がある場合には、コンジローマの疾病をチェックしてくれる検査キットなどにについて説明
性病のコンジローマかを画像で判断できる?
性病のコンジローマかを画像で判断できるかについて説明