治療が必要な尖圭コンジローマかどうかを自分でチェックしてみよう【男性編】(尖圭コンジローマ治療【男性編】)

治療が必要な尖圭コンジローマかどうかを自分でチェックしてみよう【男性編】

HPVウィルスに感染すると発症する尖圭コンジローマは、
放置しても自然治癒する可能性は低く、
ウィルスを保持することによってガンを引き起こしやすくなったり、
HIVウィルス〈エイズ〉にかかりやすくなるという
リスクが高くなってしまいます。

 

尖圭コンジローマは性行為によって
感染するという特徴がありますが、
潜伏期間は短くて3種間、
長ければ8か月ととても長いので、
忘れたころに発症することも少なくありません。

 

 

早期発見と早期治療が大切な尖圭コンジローマは、
自分自身でセルフチェックすることが
早期発見につながります。

 

症状の一つであるブツブツは、
アナルセックスをする人は肛門の周辺にできることもありますが、
男性の場合には亀頭の先端や尿道の
内側などにできることが多いようです。

 

ブツブツは肌色をしていることもあれば、
茶褐色の場合もありますが、
炎症を起こしているタイプのぶつぶつではなく、
イボができたような感じで痛みやかゆみが
まったくないものも少なくありません。

 

 

尖圭コンジローマでできるイボイボは、
ブツブツ同士が重なり合って大きくなり、
カリフラワーのように見えるケースもあります。

 

目立ったブツブツでなくても皮膚の表面が
鶏のトサカのような感じになったり、
イボイボの先端がとがっているような感じがする場合も、
尖圭コンジローマの可能性があります。

 

すぐに泌尿器科や皮膚科を受診するようにしてください。

 

放置するとパートナーを感染させてしまうだけでなく、
ガンの原因になったり、治療期間も長くなってしまいます。

 

 

 

それでは、コンジローマを治療する為に、
有効な薬などの紹介をしていますので
参考にご覧ください。

 

⇒ (尖圭)コンジローマ治療薬ランキング

 

関連ページ

男性のコンジローマはどんな症状が出る?
男性のコンジローマはどんな症状が出るか、について説明
男性のコンジローマを画像でチェック
男性のコンジローマを画像でチェックしてみる
イボができる男性の性病とは?
イボができる男性の性病について説明