性器にできるイボ(性器のイボ)

性器にできるイボ

性器にイボができる疾患はたくさんあります。

 

雑菌が皮膚を炎症させるオデキのようなものではなく、
肌色やピンク色をしたイボのようなものが現れる場合には、
コンジローマの可能性が考えられます。

 

性病の一つで、HPVウィルスに感染することによって発症する感染症です。

 

性器にイボができると、できる場所やイボの大きさによっては
不快感や異物感を感じたり、性交中に痛みを感じることもあるでしょう。

 

しかし、HPVウィルスには100種類以上の異なる型があり、
必ずしも自覚症状が出るほどのイボができるというわけではありません。

 

場合によっては顕微鏡でみなければわからないほど
小さなイボができる性病もありますし、
膣の内側にしかイボイボができない疾患もあるのです。

 

 

性器にイボができたら、あまり長期間放置せずに、
少しだけ様子を見て自然治癒しない場合には
すぐに病院に行くようにしましょう。

 

性病の場合には放置しても自然治癒することは少ないですし、
放置することによって細胞が悪性化してガンになってしまう可能性もあります。

 

また、何よりもイボができていることによって不快ですし、
心配なもの。万が一にも性病ならすぐに治療を始めたほうが
早期完治につながりますし、
性病でなくても適切な治療薬を処方してもらえるので安心です。

 

 

性器にイボができてしまった場合、
女性の場合には婦人科を受診するのが一般的ですが、
性病科があればそこでも良いですし、
皮膚科を受診しても良いでしょう。

 

男性の場合には婦人科という診療科はありませんから、
代わりに泌尿器科で診察してもらうことになります。

 

 

 

それでは、コンジローマを治療する為に、
有効な薬などの紹介をしていますので
参考にご覧ください。

 

⇒ (尖圭)コンジローマ治療薬ランキング

 

関連ページ

コンジローマとは?
人間にだけ直接感染する感染症の一つで、肛門や性器の周辺などにブツブツができるという症状が現れるコンジローマについて説明
性病のコンジローマはどんな症状が出る?
ウィルスによって感染する性病で、いろいろな症状がある、コンジローマについて説明
尖圭コンジローマはどんな症状?通販の薬で治る?
肛門や性器の周辺にブツブツができてしまう疾患である尖圭コンジローマについて、通販薬で治療する方法などを説明
コンジローマはどんな病気?薬は通販で買える?
HPV(ヒトバビローマウィルス)というウィルスによって感染するコンジローマの薬を通販で購入することについて説明
コンジローマは感染する性病
HPV(ヒトバビローマウィルス)というウィルスによって感染する性病のコンジローマについて説明
コンジローマに感染するとhivのリスクも高くなる?
コンジローマに感染するとhivのリスクも高くなるのかについて説明
性病のコンジローマにかかる原因は?
性病のコンジローマにかかる原因について説明
いぼができる性病は?
いぼができる性病について説明