性病のコンジローマはどんな症状が出る?(性病のコンジローマの症状)

性病のコンジローマはどんな症状が出る?

コンジローマはウィルスによって感染する性病で、
いろいろな症状があります。

 

その中でも一般的なのは、肛門周辺や性器周辺に
イボのようなブツブツができるというもの。
ブツブツの大きさは1ミリ〜3ミリ程度と小さいのですが、
一つだけではなく複数できるのが特徴です。

 

できる場所は、男性なら亀頭の部分や尿道の内側、
陰嚢などがありますし、女性の場合には
会陰や膣の入り口や内側などにできることもあります。
性行為によって感染する疾患なので、
性行為で触れ合う部分にブツブツができると考えると良いでしょう。

 

 

皮膚にあらわれるもの以外には、
はっきり自覚できる症状は少ないのがコンジローマの特徴です。
イボができることによって皮膚が引っ張られ、
それが痛みを伴うこともあるようですが、
かゆみや痛みなどはほとんど自覚症状がない人も多いので、
痒くないから大丈夫、痛くないから平気、というわけではありません。

 

もしも陰部に小さなブツブツができて様子を見ても
なかなか治らない場合には、万が一のことも考えて
病院を受診するようにしてください。

 

 

コンジローマは放置しても自然治癒することはありません。
放置してしまうと、慢性的なものになって
日常的にブツブツが出てしまいますし、
性行為をするたびにパートナーへ感染させるリスクを伴います。

 

女性の場合には子宮頸がんの原因にもなってしまうので、
できるだけ早期発見と早期治療を心がけたいものです。
ちなみに、病院に行けば塗り薬を処方してもらえるので、
すぐに治療を始めることができます。

 

 

 

それでは、コンジローマを治療する為に、
有効な薬などの紹介をしていますので
参考にご覧ください。

 

⇒ (尖圭)コンジローマ治療薬ランキング

 

関連ページ

コンジローマとは?
人間にだけ直接感染する感染症の一つで、肛門や性器の周辺などにブツブツができるという症状が現れるコンジローマについて説明
尖圭コンジローマはどんな症状?通販の薬で治る?
肛門や性器の周辺にブツブツができてしまう疾患である尖圭コンジローマについて、通販薬で治療する方法などを説明
コンジローマはどんな病気?薬は通販で買える?
HPV(ヒトバビローマウィルス)というウィルスによって感染するコンジローマの薬を通販で購入することについて説明
コンジローマは感染する性病
HPV(ヒトバビローマウィルス)というウィルスによって感染する性病のコンジローマについて説明
コンジローマに感染するとhivのリスクも高くなる?
コンジローマに感染するとhivのリスクも高くなるのかについて説明
性病のコンジローマにかかる原因は?
性病のコンジローマにかかる原因について説明
いぼができる性病は?
いぼができる性病について説明
性器にできるイボ
性器にできるイボについて説明