コンジローマに感染するとhivのリスクも高くなる?(hiv感染とコンジローマ)

コンジローマに感染するとhivのリスクも高くなる?

HPVというウィルスに感染すると発症するコンジローマ。

 

性病の一つです。
性病はそれぞれのウィルスに感染しなければ
発症しないため、一つの性病にかかったからと言って
次々に別の性病にも感染してしまうという事はありません。

 

しかし、この感染症にかかっていると、
hiv、つまりエイズに感染する確率が、
なんと健康な場合の11倍にもアップしてしまうことが分かっています。

 

 

hivというのはウィルスの名前で、
hivに感染しているからと言って必ずしも
エイズを発症するというわけではありません。

 

しかし、エイズが一度発症すると、
完治することは難しいため、このウィルスを持っている人は、
できるだけエイズが発症しないように予防する努力が必要となります。

 

 

コンジローマに感染すると、潜伏期間は短くて3週間、
長くて8か月とも言われていて、忘れたころに
ブツブツができて症状が現れるという事は少なくありません。

 

万が一こうした症状が性器や肛門の周辺にあらわれた場合には、
放置しても自然治癒できる可能性は低いので、
すぐに病院に行って治療をはじめましょう。

 

早期発見は早期治療につながりますし、
体内にhivを持っている人にとってはエイズ発症リスクも
抑えることにつながります。

 

また、コンジローマにかかっているのに
無防備な性行為を繰り返していると、
他人にウィルスを移してしまうだけでなく、
他人が持っているHIVウィルスにも
感染しやすくなってしまうので、
完治するまで基本的に性行為は厳禁です。

 

 

 

それでは、コンジローマを治療する為に、
有効な薬などの紹介をしていますので
参考にご覧ください。

 

⇒ (尖圭)コンジローマ治療薬ランキング

 

関連ページ

コンジローマとは?
人間にだけ直接感染する感染症の一つで、肛門や性器の周辺などにブツブツができるという症状が現れるコンジローマについて説明
性病のコンジローマはどんな症状が出る?
ウィルスによって感染する性病で、いろいろな症状がある、コンジローマについて説明
尖圭コンジローマはどんな症状?通販の薬で治る?
肛門や性器の周辺にブツブツができてしまう疾患である尖圭コンジローマについて、通販薬で治療する方法などを説明
コンジローマはどんな病気?薬は通販で買える?
HPV(ヒトバビローマウィルス)というウィルスによって感染するコンジローマの薬を通販で購入することについて説明
コンジローマは感染する性病
HPV(ヒトバビローマウィルス)というウィルスによって感染する性病のコンジローマについて説明
性病のコンジローマにかかる原因は?
性病のコンジローマにかかる原因について説明
いぼができる性病は?
いぼができる性病について説明
性器にできるイボ
性器にできるイボについて説明